ドールサイト"Baroque"の、日々の思い付きや行動の備忘録的日常blog
<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>
"スポンサーサイト" --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"甘い夢の" 05,31 22:32
20090531.jpg
茨姫をイメージして蔓を付けてみたよ!
(この花かんむりは販売物ではありません)


サイト更新してみました。ちょっと前からウチにいたユノアヘッドふたつ。
他のヘッドのついでにメイクしてみたらなかなか気に入ってしまったので、体が無いながらも撮影を敢行。でも生首的写真ではないので大丈夫かな…。過去に作ったラフとかで誤魔化しました。
ふたりとも目元のメイクは残念な感じなのですが、眉はどうにか及第点、唇はなかなかお気に入りです。なのでバナーにしてしまった(笑)
それにしても、ユノアはヘッドが小さくて付け睫毛が放射状に広がらなくて難しいです。
ふたりとも名前はほぼ決まっているんですが、もうちょっと考えたいのでまだ秘密に。

上で他のヘッドのついでーと書きましたが、それはかれこれ半年程ステイ中のアナイスさんです…。
アナイスさんは筆入れが終わってから雨続きだったので、パステル待ちのまま数日経過しました。ユノアズはついでの仮メイクのつもりだったからぜんぜん気にしなかったんですが。
明日はカラッと晴れるかなー。


昨日は友人たちと手芸店巡りをしてきました。
割と近場なのにこんなに沢山いいお店があるのは知らなかった!ちょっと行ってみよう位の気分だったのであまり買い物はしなかったんですが、また後日気合入れて買出しに行こうと思います。
(私信:無事解決しました。お騒がせしました;)

ちょっと前からブラウザはIEやめてFirefoxにしてるんですが、慣れないので使いにくいです…。
さっきもサイト更新の仕方が判らず困ってしまった。
カスタム出来たり多機能なようですが、咲來にはついていけないよ。とほほー


拍手ありがとうございます!

"肩凝り" 05,26 23:59
DSC_0162.jpg
プチアイが来て一番感心したのは、ちっちゃい足なのに指がちゃんと分かれている事。
かつての少数精鋭サイトだった頃ならきっと「カスタムのし甲斐が無い…」と思った事でしょうが、大人数になってきた今では大助かり。しかもルーカなんて何故かパーティングラインまで消されてきたものだから後は塗装だけです。パーティングライン消しって肩凝るのよね。


先日、ルーカのアイを眠らせていたグラスアイに替えたらすっごく可愛くなりました。
今まで使ってたのはデフォのアクリルだったんです。ドルショでもドルパでも自ブースに篭りっぱなしでアイを買いに行けなかったので。
アクリルアイ時代のルーカはなんだか可愛くなくて、憧れのSarielなのに可愛がれなくてメイクを変えても駄目なら手放す事も検討し始めてたんですが、アイを替えただけで納得出来ちゃいました。
ウチの人たちはほぼアイが固定なんで(織妃だけたまにアイをゲストさんに貸し出す)、アイを替えるとイメージが変わるってというドール界では常識な事を忘れてました(笑)
しばらくはちびっ子達にベストなアイ探しを頑張ります。


近頃は販売物でないものを作ってます。…溜め込みすぎてしまった宿題。
過去に作ったものをアレンジしてみたり、コーディネートを変えてみたり。なかなか楽しく、色々とアイディアが浮かぶ事もある宿題です。
本当はそろそろshopの物を作らないとやばいんですが…;


今年に入ってからちょいちょい、昔の着物や端切れを購入しています。
元々平安装束を着せたくてドールを始め、その内に興味が舞妓さんや幕末にも広がってきて着物も作るかー…という人間だったのです。今じゃ見る影も無いけど(笑)(でもまだ私個人の専門分野は一応日本文化なのです)
なので、昔集めた端切れ(つまり着物の形になっていない)とか縫いかけの装束が部屋に埋もれているんですが、懲りもせず収集再開です。今年のお正月に全員分着物を用意するつもりで何も出来なかった反動と思われます。
洋裁もそうですが、和裁は特に読本だけの独学なのでちっとも上手くいかないし、運針下手だし、変なこだわりがあるので人形向きじゃない物しか作れないのですが、やっぱり着物も好きなんです。
SD少女が来てからはMSDよりも大き目の柄でも使えるのが嬉しくて、今までよりも柄は大きめでちょっと大人っぽいものばかり購入しています。何も縫ってないけどな。

因みに、変なこだわりというのは「長い歴史の中で培われてきたルールはきちんと守ろう!」です。たえのデフォ衣装に共衿もおくみも無いって知った時はショックだったさー。


続きはぱそこんの話です。

"太陽光我がものに" 05,23 16:46
あんまり天気が良いので妹のシーツを洗ってお布団を干したら、何でそんなに優しいのと妹に怪しまれました。だって自分のお布団は干したばかりなんだもの!

そして、良い光が差し込んだので重い腰を上げて不要品をオークションに出品してみました。
何かお目に留まる物があればよろしくお願いします。←終了しました
織妃がモデル頑張ってます。

そしてついでに、銀のロザリオの試作中のを撮影ー。
20090523.jpg
パーツが用意できていないのでちょっと編んでみただけなんですが、金具色が違うだけでこんなに印象が違うとは!
左がクラッククリスタル、右がオニキスなんですが、石はモノトーンで金具色を替えてお揃いとか良いかもしれないです。
ま、あの、銀は試作段階なんで実現できるか判らないんですけれども…。
でも出来るだけ次のshopに間に合うよう用意したいです。

20090523-2.jpg
クラッククリスタルのちゃんとした写真を撮ってなかったなーと思ったので、これもついでに。
とりあえず黒いもの…と思ったら近くにドレスがあったのでひいて見ました。
普通のクリスタルなら後ろの色と紛れてしまうと思いますが、クラッククリスタルはヒビが乱反射して輝くので背景色に埋もれてしまわないんですよ。
本当は写真で見るよりも輝いて、無色の割に華やかです。
でも、ヒビが入っているのでどうしても衝撃には弱いんですが…。

本当は他にも、最近発掘されたロザリオの第一作目(試作中の試作)の写真もあったんですが、間違えて消してしまいました…。
今と比べると編み方がとても大きくて(使ってる工具が違うからなんだけど)とても不恰好で面白かったんです。これはまた、そのうちに。


拍手ありがとうございます!

"マンネンロウ敷き詰めて" 05,19 23:59
20090519.jpg
マンネンロウはローズマリー。
そういえばスカボロウフェアな人たちが来日するとか。


サイト改装&色々更新しました。
今回の写真は全部タイトルを漢字2文字にしてみたよ!
撮影したのは普段の場所ではなく、お人形スペースにしているところ。逆光になって顔が暗いですが、ドルパのセットなどを使って飾ったのでここで撮影してみました。
用事があって手早く撮影しなければならなかったので、色調とか色々とおかしいです。一晩撮り直しも検討しましたが、まぁいいかとアップしました;
そしてそして改装に時間がかかってしまったので、閲覧中の方がいらしてたならご不便をお掛けしたと思います。ごめんなさい。
突貫工事な部分が大いにあるので、おかしな所があれば教えていただけると助かります。


昨日は個人的には“花の日”でした。
お休みだったのですが、母の日ならぬババの日と言うことで母や叔母と一緒に花をもって祖母に会いに行ったり、大好きなお花屋さんに行ったり、庭の花(=終わりかけの“五月のバラ”)の写真を撮ったり、ひたすら花かんむりを編んでみたり。(そんな訳で花かんむりも再販決定です。花工房さんに感謝です)

お花屋さんは明日閉店されるので、お花ではなくお店で使っていた大きな籠を購入してきました。
すっごく大好きなお花屋さんだったので、昨日の籠はお店の形見分けみたいな気持ち。ミモザをはじめ、バラやアジサイのドライを飾ってみました。
お人形と一緒に写っている切花やドライフラワーはすべてこのお店で購入したものです。ドルパで使ったミモザもそう。(ついでに言えば写真サイトの一部の花も)
私も小さいころお花屋さんになりたかった程お花が好きで、かつては歩く植物図鑑なんて呼ばれた事もあったのだけど、中学生の頃から庭弄りをしなくなり花の名前をどんどん忘れていきました。
しばらくはお花とは離れた生活をしていたんですが、高校生の終わり頃からだったかたまにそのお店にお邪魔するようになりました。そのお店のセンスが素敵で、久しぶりにお花を飾ろうと言う気持ちになったんです。このお店がなければまだ今もお花の無い生活だったかも。今ではドライフラワーが溢れた部屋に住んでいます。
このお店のオーナーさんにはセンスだけでなく夢を叶える力にも憧れる所があったので閉店は本当に残念でしたが、またお店を始めれられる時はどんなに遠くでも駆けつけます。いつになるか判らないけど、結婚する時にはお花をお願いしたい。いつかやってみたい夢があるのだけど、それが叶う時にもお花をお願いしたい。
だから縁はこれだけで終わってしまうとは思わないけど、駅から歩く時にいつも心がわくわくしたあの空間がなくなるのが寂しいんです。
はぁ。
取り留めなく、書きました。

"再々販決定しました" 05,15 23:15
20090515.jpg
編隊組んでぴゅーんぴゅーん

そんな訳で花蜜とことりのコーム(金の鳥)、また作ります。
銀の鳥については考え中です。

"白馬ロデオ" 05,15 23:12
20090515-2.jpg
以前から何度か話題にしていた、お馬のジョゼフ。歯がチャームポイントの白馬です。
増員ラッシュな今年の幕開けはジョゼフでした。年明けてすぐにきた!
揺らして遊ぶような作りなんですが、割と安定感もあるのでドールの乗馬に使えます。SDなら二人乗りまで可。でも先日織妃とルーカが落馬しました…。
写真が暗いのは背景を誤魔化す為です。篤茂の足とか写っちゃってるので;

今日は昼間撮影していました。
とりあえずプロフィールに出ている子すべて参加のオールスター撮影祭。
なのに全員で納まってる写真は2枚しかありません。
もう写真アイコンを置くスペースが無いので、サイトを改装してからのアップとなります。明日できるかなぁ…。

拍手ありがとうございます。
続きでお返事です。

"君と僕とアレルゲン" 05,14 23:59
どんな物でも「君と僕と」って付けたら素敵に詩的になる気がします。でも、君と僕とで修飾される物は最低でも3音節くらい無いとバランス悪いかな…。
君と僕とスーパードルフィー。ちょっとアレな感じになりました。
ていうか、何のこっちゃ。


ドルパから1週間が経過しました。
荷解きは済んだのですが、当日朝に盛大に散らかした作業机周辺が未だ手付かずで、作業不能。
燃え尽きてしまったのか、いろんなものが手付かずのまま、ぼーっと過ごしてしまいました。
shopに向けての準備はすこーしずつ、進んではいるのですが。

某ダヴィンチの暗号映画の続編、言われないと続編と気付かないようなタイトルですね。
オドレイさんもレノ氏も出ないようでがっかりですが、「聖女テレサの法悦」は出るようで気になりました。
これ / 顔拡大
聖女テレサの法悦=バロック彫刻のスーパースター、ベルニーニの代表作。
(タイトルが日本語だとマイルドですが、英語だとまんまでびっくりしました;)
この聖女テレサの表情に憧れて織妃もオープンマウスにしてみたくなったんですが、造形に手を加えるのが怖くて、口の中を歯っぽく白く塗ったらとても変な感じになったのが今のメイクです…。俯瞰だと判らないんだけどね;
いつかアナイス造形(=私にとって神聖視出来るくらい好きなもの)をいじる勇気が出たら試してみたいです。目の辺りなら怖くないんだけど(むしろウチの人たちはちび以外目の整形してるし)、口は篤茂で失敗してるんで怖いです。

おまけ。アポロンとダフネ
昨年、ネムさんちの鳩子ちゃんで撮らせていただいた写真はこんな事がやりたかったのです。
こちらもベルニーニの作品だったので、ついでに。

あと、バロック彫刻ならチュリゲラも有名だと思うんですが…このサイトではこの写真しか見つからなかった;
よくみる祭壇と比べると十字架ちっちぇー!ごてごてぐりぐりー!
よくバロック美術の説明で言われる、グロテスクなまでの過剰装飾って言うのがまさにこれだと思います。
やっぱりBaroqueを名乗るからにはこれくらいやるべき?とも思うのですが、これは無理です(笑)

いつも思うのですが、私の作るものはどれもバロックを名乗るにはシンプル過ぎるんですよね…。
Cirque d'hiverでやっと微バロックっていう感じです。(あくまで装飾の量の話)
まぁ、バロックパールが付いてるからBaroqueくらいの感じに開き直ってるのですが。あと宗教モチーフの多さかな。
そして今はバロックの前段階、マニエリスムに心惹かれています。現実感がなく不安な感じ。あら、私にはぴったり(笑)

あ、でもロゴだけはバロックにしがみついています。
先日こっそり変更してたのですが、前のも今のもバロック期のインプレーサとかその辺を基にしました。字はゴシックな感じで、よーく見ると磔刑の人が付いてたりするんですが…;;;;


画像もなしに語り倒してしまいました。
続きは最近発覚した咲來のアレルギーと、我が家のアレルゲンです。

"f o r h u m a n b e i n g" 05,10 23:59
20090507-8.jpg
クイーンオブ透明感(白飛びとも言う)

昨日は友人たちと原宿の展覧会に行ってきました。タイカレーが甘かったです…。
ラフォーレはしょっちゅう行ってますが、ミュージアムに足を踏み入れたのは初めてで。
まさかあるとは思わなかったものが売っていて、予定外な事で戸惑いつつレジでカード(予定外で現金が足りず;)と共に差し出したらレジのおねーさまが「現金のみです。カード使えません」と。
あー、誘惑には負けたけど最終的には勝ったわ!(むしろ必要以上に負けた気がするけど)

そんな訳でもう暫くドール服を買ってない咲來です。
最近は1月に買ったきりで、その前は昨年の1月みたいです。ちょっとそれってどうなの。
小物なら割と買ってるんですけどねぇ…。
お洋服を買わないのは沢山自作してるからって訳でもなく、自分は寡作なので必然的にうちの子は着たきり雀ですー。
特に篤茂と小霞櫻がヤバイ;


そして今日は母の日と言うことで、母にピアスを作ってみました。
K18パーツなんて初めて使いました;切ったパーツのカスさえもったいない!


メールは4月分返信し終えました。
該当の方はご確認ください。

拍手沢山ありがとうございます!
メッセージを下さった方には追記でお返事しております。

"t e l l m e y o u r s e c r e t s" 05,08 23:49
20090508.jpg
クイーンオブ一般受け

ミシンの上に座らされていた大霞櫻と織妃を見て母(非人形愛好者)が一言。
「寝てる子のほうが可愛い」
褒めるのは良いけど比較はやめて!

でも一般(=非人形愛好者)受けがいいのは大霞櫻<織妃です。妹やサイトを知っている友人も織妃を褒めてくれました。
確かにふんわりした輪郭で(26番に比べて)、目を閉じてるからアイが苦手でも大丈夫だし、血色いいし(大霞櫻に比べて)、あまーい表情してるから、納得出来ます。
私自身、この子がうちに来てからの1年間で結構写真撮ってるし。(可哀相なのは小霞櫻と篤茂です…)
その内パーティングライン消しとボディ塗装をしたいです。そして身の回りの人たち(ハムレットやらジュリエットやら)も揃えたい。ジュリエットも来たらロミオも欲しくなるかな?と思った事もありましたが、ああいう感じのへたれ(ひどい)は欲しくないかも…。そしてハムレット用にGrボディが気になっております。


4/27までに頂いたメールは返信しました。
それ以降のものはもう少々お待ちください。

そして拍手とご要望ありがとうございます。
鳥かごのコルセットですが、スカートに使用したチュールレースがもう入手できない事と、もう鳥かごヘドレは作りたくない事(意外と作るのが大変なんです…心が折れました)があるのでまったく同じものはご用意出来ないのですが、他にもご要望を頂いているので前向きに検討中です。ただ、他にも製作の予定がありますので、時期は早くても夏となります。それでも宜しければ是非shopにご参加ください^^

"花かんむり着用について" 05,07 23:36
ドルパで販売した花かんむりに関してですが、会場ではくわしく着用方法のお知らせが出来ませんでしたのでここでフォローを。
でも、花かんむりにはショップカード的なものをお付けし忘れたので、ここを見ていただけるかどうかが不安です;

ボークスで販売している小型のペアピンが品切れで用意できなかった為、今回着用の為のピンをお付けできませんでした。代わりに、お手持ちの待ち針で留めていただく事をお伝えしたのですが、詳しい留め方まではお伝え出来なかったので、ここで説明いたします。
もし小型のヘアピンやクリップなどをお持ちでしたらそちらを使っていただくのが一番手軽でいいと思うのですが、一番目立たずに留められるのは待ち針だと思います。私自身もいつも待ち針使用です。昨夏の大阪ドルパでも紛失に注意しつつ待ち針で留めていました。

待ち針の場合は、怪我と紛失にご注意いただきつつ以下の要領で留めるとうまくいきます。
20090507.jpg
絵がへたでごめんなさい;
まず、花かんむりを頭に当てて乗せる位置を決めます。髪形によってバランスが変わってくると思いますが、私のオススメは前のめりに斜めに乗せるかんじ、です。
位置が決まったら固定します。待ち針は一本だけですとカパカパしてしまうので、絵のように2本以上お使いいただくのがおすすめです。へアピンやクリップの場合も2つ以上お使いください。
待ち針を挿す時は外側から、花かんむりの茎が束になっている部分の隙間に差し込むと良いです。針先が花冠のわっかの中に納まれば、着用時に怪我をする事も少ないと思います。
「断面図」では針が曲がってしまっていますが、実際は直線です;(上手く描けなかった…)針は一度ウィッグネットに刺してからまた表側に出すとしっかり固定できます。針先は髪の中に隠れるようにしてください。
待ち針は玉の小さいものや花と同系色の玉のものがおすすめです。葉っぱや花の下に隠せたら最高です。
下の写真では判りやすいよう目立つものを使用しています。
20090507-2.jpg
↑こんな感じで挿してください

続いて付属の鳥さんです。
20090507-3.jpg
鳥さんは花かんむりをしっかり固定してから、花かんむりの茎部分とウィッグの隙間にワイヤーを差し込むようにして留めます。留めにくい場合はペンチなどでワイヤーの曲がり具合を直してみてください。

20090507-4.jpg
手に持たせる事も出来ます。手のひらに瞳パテ等をつけるとやりやすいです。
鳥さんは一見繊細そうに見えて案外タフです。一緒に大阪ドルパとかいろいろ行ってますが、へこたれません。尻尾折れにだけ気をつけて頂ければ長く可愛がっていただけると思います。


今回使用している花かんむりは昨年自宅用に作ったものです。すずらんが2本入っていたり花が少し多めだったりするスペリオール版?なので、ちょっと販売したものよりもボリュームかあります。
なので参考にはならないかもしれませんが、拍手より質問をいただいたので試してみました。
20090507-5.jpg
うちには幼っこはいないのですが、同クラスのプチアイでこんな感じです。
販売物よりもボリュームがあるとは言え、流石にボリューム過多でした。
20090507-6.jpg
ふわふわな髪型に合わせてもこんな感じ。見る人にもよると思うのですが、SDが着用した場合とだいぶ印象が異なります。幼クラスにはお花が大きすぎるかも知れません。
首まですぽっとはなりませんが、幼でも着用可能!とは言い切れません。再販については調整中です。
中途半端な回答で申し訳ないのですが、こんな感じです。ご質問ありがとうございました。

"今更レポート" 05,05 23:59
※この記事は2009年11月27日のものです。これまでアップし損ねてました…。
2009年11月27日時点の視点で書いております。

ドルパ21でのBaroqueブースと、遊びに来てくれた友人たちのドールと、友人とこのブースです。
掲載許可は頂いております。こんなに遅くなってごめんなさい!

画像ばかりなので追記にしておきます。



"ありがとうございました!" 05,05 23:59
20090505.jpg
ドルパ21無事(?)終了しました!
お買い上げくださった皆さま、お立ち寄りくださった皆さま、どうもありがとうございました!お蔭様でとても楽しい一日となりました。
お買い上げのお品物に関してお気づきの点がございましたら、shopアットbaroquedoll.netまでご連絡くださいますようお願い致します。

今回もやっぱり睡眠ほぼゼロでの参加で目が半開きでのお出迎えでしたので、さぞや不気味だったろうと悔やんでおります。でも、ほぼ一人のブースだったので「しっかりしなきゃ!」とずっと元気でいられました。行き帰りの車中と帰宅後は寝ちゃいましたが…。
そして、体は元気でも頭は疲れていたので受け答えにちょっと自信がありません。失礼がありましたら申し訳ございませんでした。
そして英語での受け答えにはもっと自信がありません。ウルトラしどろもどろでした。

ここでお返事に補足させていただきます…
To the woman who questioned at Dolls Party.
Thank you for the question about the dress set.
I'm going to open webshop at the end of May or the beginning of June. The dress set "Sounds of Heather" will be sold then.If you can communicate with me in Japanese or simple English, I'll accept your offer.(I'm not good at English.)
Thank you very much for being interested in "Sounds of Heather".

意図が伝わればよいのですが…。

あ、体は元気と言ってもまだ風邪を引きずっているので鼻声&咳でご迷惑をお掛けしました。
前回記事でも書きましたが、新型インフルではありませんので!海外いった経験もありませんので!ご安心を!


一番上で、無事(?)となっているのはドレスセットが間に合わなかった為です…これは無事とはいえない;
ドレスを楽しみに来てくださった方には申し訳ありません。
ブースでもお知らせを掲示しておりましたが、作りきれなかった分は後日webshopを開いてお譲り先を探します。上記ドレスに加え、プチアイ服や間に合わなかったアクセサリーもあるんです。
時期としては5月末から6月始めとお知らせしておりましたが、私のことですので(…)遅れる可能性も大です。暑くなってきたらやりたい事もあるので、出来るだけ早めに出来るようにしますが、どうなるかな…。Sounds of Heatherについては作り方覚えてるうちに全部仕上げちゃいたいです。
ドルショもドルパも兎に角時間が無くて(自分の所為なのですがー)商品詳細ページも作れなかったことを悔やんでいるのでそこもリベンジします!

今回の花蜜と小鳥のコームは、有難い事に金の鳥・銀の鳥共に早々に完売してしまいご希望の方にはご迷惑をお掛けしました。再販希望のお声をまた頂いたので再再販を検討中なのですが、会場でもお答えしたとおり「パーツが手に入れば」という制約付きなのでご了承ください…。
メインの小鳥のパーツはヴィンテージから現行品まで出回っているようでたまに見かけるのですが、なかなか人気のようで入手できないんです。金ならまだ見かけるんですが、銀色のものはちょっとめずらしいらしく購入した時の一度しか見た事がありません。
私としてもとても気に入ったデザインに仕上がりましたし、ご希望のある限り作りたいのですが、素材が手に入らない場合はお作りする事ができません。いじわるで出し渋っている訳ではありませんので;ご理解頂ければ助かります。

コームだけについての事ではないのですが、基本的にご希望があれば素材が用意できる限り再販をしたいと思っています。私自身も欲しかったのに…と涙をのんだ経験は沢山しているので;
ただ、ドレスセットの場合はどうしても揃え直す素材が多くなってしまうので全て揃えるのが困難な事と、アクセサリーに比べて製作に長時間を要する事がハードルになってしまいますし、アクセサリーの場合も一期一会的なヴィンテージパーツを多く使用しているので、そもそもパーツと再会できないという事もしばしばです。
ですが、リクエストを頂ければ前向きに検討いたしますので、何かございましたら遠慮なくおっしゃってください^_^

20090505-2.jpg
ブースの話。
開場から殆どずっと、織妃が起立で大霞櫻を座らせて展示していました。
一番上の写真は閉場ちょっと前に配置変えたり写真を撮ったりの一人遊びをしていた時の物です。この前に“お行儀の悪い織妃の図”の配置もしてたんですが、うっかり写真を撮り忘れました。(かやさんしゃしんください…)最後にやった“へんたい織妃の図”はピンボケでしたがしっかり記録してあります、ふふふ。

今回のディスプレイはセッティングのリハーサル無しで会場に行ってしまったので、だいぶ当初の予定通りにならなかった部分が多かったです。まぁ、元々のイメージはドライフラワーや雑貨でごちゃごちゃさせる…みたいなアバウトな物だったので予定通りも何もっていう所もあるんですが;
こだわりはミモザのドライフラワーでした。お気に入りのお花屋さんでかなりお買い得だった物なんですが、ボリュームがあって持参した2枝のうち1.5枝くらいしか使いませんでした。おっかいどくー。お花屋さんにはディスプレイに使う事をお知らせしてあるので、写真を見てもらおうと思います。

ドルパでは花工房さんやお花屋さんに大変お世話になりました。どうもありがとうございました。
助けてくれたのはうちの家族も同じです。友人たちにもお世話になりました。
スペシャルサンクス
花工房さん(染め花)
お花屋さん(ドライフラワーと癒し)
比呂緒さん(委託と食料投下と撤収作業)
友人たち
父(木枠作成と送迎)
母(作成補助と叱咤激励)
妹(店番バイトと新品ミシンでうかれながらの応援)
祖母(声援)
愛犬(癒しと励ますまなざし)

もう終わった気分でまとめにかかりましたが、まだ秘密の花園テーマは終わってません!
ですがドルパが終わってひと安心な咲來でした。


現在、実際は6日の朝です。
夕食後すぐにリビングで寝てしまい、午前2時前に足がつって目が覚めてから(辛い…)のんびり書きました。
長くなりましたが、まだまだ改めてドルパアルバム的なのを作ります。

"DollsParty21に参加します" 05,04 23:37
いよいよ明日です!
が、準備がまだ終わりません;

Baroque:491‐S
割りと奥のほうです。
金ぴかのBaroqueの文字を目印にお越しください。
大霞櫻と織妃がお待ちしております。

それとおしらせ。
15cの比呂緒さんの作品をブースに置かせていただく事になりました。コームとストールの予定です。
詳細は伺っていないので、どんなものかは会場でのお楽しみと言うことで…^^
ひょっとしたら比呂緒さんのもの以外にも置かせていただける物が加わるかもしれませんが、現時点ではまだ決定ではないので、ちょっとだけ。

はなかんむりはレースとバロックパールをプラスしましたが、印象はまったく変わりませんでした。


明日は朝から昼まで妹に店番を手伝ってもらうことになっています。
人形趣味ではない子なのでお手柔らかにお願いします(笑)
また、妹も私もイベントには不慣れですので、何か粗相がありましたら申し訳ありません。
お気づきの点は教えていただけるとありがたいです。

実は私、先々週からの鼻風邪を未だに引きずっておりまして、鼻炎で鼻声だったり、咳が出たりすると思うのですが、新型インフルではありませんので安心して近づいてください…。
すっごく眠くてあちらの世界に近づいているかもしれませんが、おかしい人間ではないのでご安心を…。

単独でのイベント参加は初めてなので、今から緊張しています。
書き忘れは無いかしら、忘れ物はないかしら。
さて、ドレスセット仕上げてきます。

追記:
ロザリオ忘れてました!持ち込み数は少ないですが持って行きます。
後日web受注をして、その時をもってアメジスト・ローズクォーツは廃盤にします。
とりあえず、今後の予定として。

追記2:
はなかんむりですが、鳥が用意できたのを報告し忘れていました!
白・青・ピンク・黄・黄緑の5種です。お好きな色をお選びいただけます。

"Sounds of Heather * フルセットで" 05,04 23:34
20090504.jpg
これでフル装備。諸事情によりブルーの写真は用意できませんでした。時間が…な…い…。
ピンクverと違うのは色(ピンク部分がブルー)と、ベビードールがピンクと左右対称デザインな事です。

肩の辺りのふわふわはヘッドドレスのリボンです。今、ほっかむりがマイブーム。

20090504-2.jpg
上の画像では写っていませんでしたが、レースとスワロ、チェコビーズと淡水パールのラリエットが付きます。
くるくる巻くだけでも、写真のように軽く結んでも可愛いです。
ベビードールの胸元はレースで作った花とリバティの生地で飾りました。ホックで前開き。

20090504-3.jpg
別角度から。

20090504-4.jpg
金の額縁に花工房さんのお花を合わせたヘッドドレス。鳥の羽も使用しています。
緑の茎はお好みの場所でカットしていただけます。髪形に合わせてお好きな長さにどうぞ。
コームとスーパーソフトチュールのリボンで固定します。
こちらもブルーは左右対称で作っているので、向かって顔の右側に来るデザインです。

20090504-5.jpg
ベビードール裾のレース細工。紅茶染めをしたので前回の画像よりも色が濃くなっています。蝶のモチーフをプラスして華やかに。
スーパーソフトチュールのアームウォーマーが付きます。手首の辺りでたるませるデザイン。開き手ですと、ハンドを外す必要があるかもしてません(所持していないので未確認)

中のビスチェドレスやチェーンベルトについては過去記事をご覧下さい。
ビスチェドレス
チェーンベルト・ベビードール製作過程

"花蜜とことりのコーム * 金の鳥 / 銀の鳥(追記あり)" 05,03 13:06
20090503-4.jpg
手前が再販分の花蜜とことりのコーム(金の鳥)、奥が新作の花蜜とことりのコーム(銀の鳥)です。
(写真差し替えました)

“金の鳥”は、初回販売時と違って鳥パーツがヴィンテージのものになっています。(初回は現行品でした。)
初回のよりもくすみがあって、より目指したイメージに近くなりました。素敵なたなぼた!
詳しくはこちらからどうぞ。
今回新しくバラのパーツを買いに行ったら、ロット差の為か色名は同じピンクなのにかなりビビットな桃色になっていたので、思い切ってコーラルピンクとなっていたものに替えてみました。
左が初回と同じもの、右がコーラルピンクです。初回分の残りもあったので両方の色を用意しています。会場で実際にご覧になってお選びください。

“銀の鳥”はパーツは全て現行品です。
“金の鳥”との相違点は、金具色が全てちがう事、パールのわっかが純白な事、です。(金の鳥ではクリーム色っぽい)
金具を買い忘れてたのでわっかにパーツが付いていませんが、クリスタライズ(スワロフスキー)と淡水パールをくっつけます。石の色は乳白がかったピンクです。

今回から製作にグルーガンを導入したので、初回と作り方が異なっています。
判りやすい違いは鳥の裏のパールに針金が通っているか、いないかです(今回は針金なし)
初回版をお持ちの方で、もうひとつ…という場合もあまり気にならないレベルだとは思います。

"Sounds of Heather * ベビードールとチェーンベルト" 05,03 12:49
20090503.jpg
昨日は変な時間に寝てしまって更新できませんでした…。

ドレスセットの前開きキャミ、よくよく考えたらベビードールという表現がぴったりでした。あ、あれ?
なんだか微妙に納得がいかなくて投げ出して他の事してたんですが、そろそろ向き合う時がきたようだ…。
色が薄いのが気に入らないので、紅茶で染めちゃうかもです。リ、リバティを染めるのは怖いが!


20090503-2.jpg
透け感はこんな感じ。
このレース細工、無駄に時間がかかってるんですが、思ったほど可愛くならなくてガッカリー。

20090503-3.jpg
ウェストのチェーンベルトには花園の鍵をつけて。
これだけ無駄に全部完成してます。。。
お気に入りパーツなのでシンプルに。

"Sounds of Heather * ビスチェ" 05,01 23:59
20090501.jpg
いつも以上に酷い写真で申し訳ないって気持ちも少しはあるんですよ…。
背景も酷いです。パソコンラック…。合成で誤魔化しました。流石に背景にPriusって文字はいただけないー。
カーテンの怪しい柄も気にしないで下さい;


ロマンティックチュチュをイメージしたビスチェドレスです。
荒野に吹く風を表現したかったので、スーパーソフトチュールを4重に重ねてふわふわに。
透け防止の為に下にドットチュ-ルも重ねているので全部で5重のスカートです。
本当は写真のビスチェの上に前開きキャミも作る予定だったのですが、今日は間に合いませんでした。明日完成させて、もう少しマシな写真を用意したいです。

モデルの、今日無理やりメイクを仕上げた大霞櫻はSD少女分割ボディ普通足、織妃は13少女ロング足です。
並べてみるとかなり身長差があります。スカート丈は13少女ロング足がヒールを履いても裾が床につく長さにしてあります。

20090501-2.jpg
色はピンクとブルーの2色です。どちらも表地はほぼ変わらない色なんですが、裏の色が透けるのでこんな感じに。
裏に使用したのはリバティのカペルです。柄が表まで透けて見えるので、表地のレースの花と2重の花柄に。
縁は裏地を少しはみ出させて見せてます。平安装束だと「おめり出す」って言うんだけど、洋裁だとなんて言うんだろうーうーん。
ウェストの処理がピンクとブルーでちがくなってますが、大霞櫻着用のピンクの方を全てに採用します。

それにしても大霞櫻、ケバくなりましたね…;

20090501-3.jpg
ボリューム比較。
スーパーソフトチュールは4枚を一遍にギャザー寄せしているので、そのままだとまとまっていて左のような感じになります。ですがそれをほぐすとボリュームが出て右のようになります。
簡単にほぐせますし、お好みがあると思いますのでほぐす前の左の状態でお渡しします。
ほぐす前だとストンと落ちたシルエットで白っぽい感じ、ほぐすと広がって透け感がアップします。
右のは完全にほぐしちゃってるのでプリンセスシルエット(ていうのかな?)ですが、途中で止めれば綺麗なAラインになると思います。

20090501-4.jpg
ヘッドドレス(に、なるもの)。すごい写真でごめんなさい…。ライトがおかしいんです。
こちらもお花は花工房さんのものです。


製作始めちゃうとどうしてもメール完全放置になってしまいます。ごめんなさい。
筆まめではないので、どうしてもお返事に時間がかかってしまって;
ドルパ後にお返事します!

まとめ
template by 21g Powered by FC2 Blog





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。